話題のニュースまとめブログ

旬な話題のニュースをまとめ読み出来るブログです!面白ネタからあっと驚くようなビックリニュースまでいち早くお届けします!

【画像】「アルミホイル」すげえええええええええ! 光を99.995%吸収した結果、凄いことにwww

   

【画像】「アルミホイル」すげえええええええええ! 光を99.995%吸収した結果、凄いことにwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/10/01(火) 12:17:17.291 ID:ID:ExqiVfiSa.net

光吸収率99.995%、世界で最も黒い物質が発見される

光吸収率99.995%の世界で最も黒い物質が、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の
ブライアン・ウォードル教授や上海交通大学の崔可航准教授らの研究チームによって発見された。

最黒の物質は、垂直配向カーボンナノチューブ(CNT)からなり、その電気的特性や熱的特性を高めるべく、
塩素エッチングしたアルミホイルの上で成長させる実験を行っていた際、偶然生成された。

電気的特性や熱的特性の高いカーボンナノチューブをアルミホイル上で成長させるにあたり課題だったのは、アルミニウムが空気にさらされると、酸化層がアルミニウムを覆い、電気や熱を遮断してしまうことであった。

研究チームでは、アルミホイルを塩水につけることで、酸化層を除去することに成功。
さらにアルミホイルを無酸素環境に移して再酸化を防ぎ、化学気相成長(CVD)法により、
オーブンに入れてカーボンナノチューブを成長させた。
酸化層を除去することで、より低い温度でカーボンナノチューブを成長させることができたという。
成長したカーボンナノチューブは、電気的特性や熱的特性が著しく高まっただけでなく、明らかに黒くなっていた。

崔准教授は「成長させる前、カーボンナノチューブの色がどれくらいの黒さであったかを覚えています。
成長後の色のほうが黒くみえました」と実験の様子を振り返っている。
現時点では、なぜこの物質がこれほどまでに黒くなったのかはわかっておらず、
ウォードル教授は「さらなる研究が必要だ」と述べている。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/9995.php

引用元: http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1569899837/

続きを読む

 - 未分類


Parse error: syntax error, unexpected end of file in /home/okaido9/xn--o9j0bk5t7cqhlg.net/public_html/wp-content/themes/stinger7/footer.php on line 102